名刺を作るポイント

名刺はビジネス用のシンプルなものが一般的ですが、会社によってはより強い個性を出すためにオリジナルデザインの名刺を作ることもあります。中には個人用の名刺を作る方もおり、他にはないオリジナリティの高い名刺を配ることで、自分をより印象強く見せるための手段として活用しています。そんな自分の個性を見せるための名刺を作るには、どんなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

名刺交換名刺を作るうえで重要なポイントは、自分をどんな風に見せたいかを考えることです。自分が仕事に対して真摯で誠実な印象を持たせたいときは、昔から見られるシンプルな名刺を作ったり、明るい人と思わせたいときはカラフルでかわいらしい名刺を作ったりと、少しの変化でも名刺を渡された人には違った印象を持たせることが出来ます。さらに渡す相手がどういった人物なのかで使い分けることで、相手により好印象を持たせることが出来たり、より強く印象に残ってもらうことも出来るようになるので、名刺を複数製作して、状況に応じて使い分けるのも有効です。

最近は様々な名刺が作られるようになってきており、紙の素材やフォントが変更できたり、違う形になるように加工が施されていたりと、様々なバリエーションを選べるよう、印刷業者も色々な名刺を用意しています。もし名刺を用意する機会があれば、こうした特殊な名刺の導入を行ってみるのもおススメです。

 

社会人として持っていたい名刺について

現代社会で働く社会人として、身につけておきたいルールやマナーなど、挙げればキリがないほどに沢山ありますが、その中のひとつに、名刺があります。どれほど大事なのかという重要性について説明していきます。まず、ご自身の名刺は作っておいて損はしません。

例えば、会社内で使う職業をベースとしたものでもいいですし、趣味などで写真を撮る方などは、アート関連のイベントなどで人脈が広がるように、自己を表現するようなものをイメージして作っておくと、とても役立ちます。ご自身の撮る好きな写真を、相手に伝わるようにしたデザインにすると、個性が出てとても素敵なものになります。

しかし、実際は、制作するのが難しいのではないかというイメージから、疎遠にしている方も少なくはありません。今では、インターネットなどでも、検索すれば作り方が紹介されていますので、気になる方は調べてみるといいでしょう。誰でも簡単に作れます。

また、無事に制作して完成したならば、外出時には必ず持ち歩くようにしましょう。いつ誰に会うかは分かりませんので、常に常備して持ち歩くようにすることです。作っておいて損はしません。自分という人間を、相手にスマートに上手く紹介できるとても便利なものです。

 

名刺のデザインに一工夫をしてビジネスチャンスをつかみましょう

名刺は自分の身分を表し、自己紹介の為に使われますが、名刺交換の時に自己紹介だけで終わってしまっては、ビジネスチャンスには繋がりません。ビジネスチャンスに繋げるには、相手に何かインパクトを与え記憶に残してもらわないといけません。相手の記憶に残っていれば、何かのキーワードでこの件であればあの人に聞いてみれば良いと思い出してもらえビジネスチャンスに繋がる可能性が出て来るのでインパクトを与える事が重要なのです。

インパクトを与えるのに一番簡単な方法は、相手が今一番興味を持っている事について共通の話題として話す事ですが、これはなかなか難しい面が有ります。そこで、人間はイメージで記憶したほうが記憶に残り安いので、名刺のデザインを一風変わった物にすれば、イメージとしてのインパクトを与える事が出来ます。

例えば、一昔前に流行った顔写真入りの名刺などがその一例です。顔写真入りの名刺はもう古いので効果が余り期待できませんが、例えば二つ折りの名刺にして自分のプロフィールを入れてみたりすれば話しのきっかけ作りに使えます。名刺のデザインを工夫して、ビジネスチャンスを掴んで下さい。

渡し方のマナー

名刺を差し出す女性のイラスト会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。
基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。
早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。
相手が差し出したときは名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。
そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。

 

名刺をもらったらすぐに覚える

名刺をもらうとその人の名前や会社の名前などはすぐに覚えるようにしてください。次に会ったときに名刺に書かれていることを相手に質問をするようでは非常に失礼だからです。何のために名刺を渡したのか分からなくなってしまうからです。ですのですぐにでも覚えるようにしてください。

また名刺の整理ももらったその日のうちにしておくようにしてください。名刺の整理をするときにもまた覚えることができます。後でまとめて名刺を整理するのもいいのですが、後からとなりますと急を要するものではないのでついつい後回しになってしまうからなのです。ですので結果的にまた再びその人と会うときまでに内容を覚えられない可能性もあります。

また早くに整理をしておかなければ名刺そのものを失ってしまう可能性もあるので気をつけてください。間違っても失ったことを先方さんには言わないようにしてください。非常に失礼なことですし、そもそも自分のプライバシーがどこかで広まってしまうのではという不安を抱かせてしまいます。もらった名刺をその日のうちに整理するのは簡単なことです。たった一人や二人分でしたらパソコンに入力することもそれほど多くありませんのですぐにできます。

 

名刺を保管するケース

印刷した自分の名刺はケースに入れて保管しておくようにしてください。そのまま何もケースに入れずに保管してしまいますと名刺が汚れてしまう恐れがあります。一番上と下が常に汚れる状態になりますし、紫外線などに当たりますと黄ばんでしまう可能性もあります。汚れた名刺は絶対に使えませんのできれいに保管をしてください。

名刺を保管するケースは名刺印刷を依頼すると最初からついてくることもあります。沢山印刷してもらいますとプラスチックのケースの中に入れてくれます。紙のケースの中に入れる業者もありますが、紙のケースでも厚紙ですのでしっかりと中を保護してくれます。また業者によってはプラスチックのケースだけでも販売していることもあるので、もしも無いのでしたらこれだけを注文するのもいいかもしれません。

ビジネスのときにはこのケースごともち歩きするのかというと、先方さんに名刺を渡すときに大量に名刺の入っているケースの中から出すのはあまりスマートではありませんので数枚程度入れられる、皮や合皮などでできているケースの中に入れてから渡してください。そうしますときれいに渡すことができます。財布などに入れるのもいいのですが、財布はよく使いますので名刺が汚れるおそれありますし、専用のケースを使ったほうがいいです。