渡し方のマナー

名刺を差し出す女性のイラスト会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。
基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。
早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。
相手が差し出したときは名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。
そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。

 

名刺をもらったらすぐに覚える

名刺をもらうとその人の名前や会社の名前などはすぐに覚えるようにしてください。次に会ったときに名刺に書かれていることを相手に質問をするようでは非常に失礼だからです。何のために名刺を渡したのか分からなくなってしまうからです。ですのですぐにでも覚えるようにしてください。

また名刺の整理ももらったその日のうちにしておくようにしてください。名刺の整理をするときにもまた覚えることができます。後でまとめて名刺を整理するのもいいのですが、後からとなりますと急を要するものではないのでついつい後回しになってしまうからなのです。ですので結果的にまた再びその人と会うときまでに内容を覚えられない可能性もあります。

また早くに整理をしておかなければ名刺そのものを失ってしまう可能性もあるので気をつけてください。間違っても失ったことを先方さんには言わないようにしてください。非常に失礼なことですし、そもそも自分のプライバシーがどこかで広まってしまうのではという不安を抱かせてしまいます。もらった名刺をその日のうちに整理するのは簡単なことです。たった一人や二人分でしたらパソコンに入力することもそれほど多くありませんのですぐにできます。

 

名刺を保管するケース

印刷した自分の名刺はケースに入れて保管しておくようにしてください。そのまま何もケースに入れずに保管してしまいますと名刺が汚れてしまう恐れがあります。一番上と下が常に汚れる状態になりますし、紫外線などに当たりますと黄ばんでしまう可能性もあります。汚れた名刺は絶対に使えませんのできれいに保管をしてください。

名刺を保管するケースは名刺印刷を依頼すると最初からついてくることもあります。沢山印刷してもらいますとプラスチックのケースの中に入れてくれます。紙のケースの中に入れる業者もありますが、紙のケースでも厚紙ですのでしっかりと中を保護してくれます。また業者によってはプラスチックのケースだけでも販売していることもあるので、もしも無いのでしたらこれだけを注文するのもいいかもしれません。

ビジネスのときにはこのケースごともち歩きするのかというと、先方さんに名刺を渡すときに大量に名刺の入っているケースの中から出すのはあまりスマートではありませんので数枚程度入れられる、皮や合皮などでできているケースの中に入れてから渡してください。そうしますときれいに渡すことができます。財布などに入れるのもいいのですが、財布はよく使いますので名刺が汚れるおそれありますし、専用のケースを使ったほうがいいです。