名刺を渡す意味とは

社会人になったばかりという方の中には、生まれて初めて名刺を持ったという方もいるかと思いますが、そもそも名刺を渡す意味とはいったい何なのでしょうか。なんとなく社会に出ると持つようになり、自己紹介などのために渡すという目的は分かりますが、自己紹介なら口頭でも出来ないわけではありませんし、最近だとメールなどのやり取りでも情報交換は行えます。それでも名刺がなくならないのは、仕事上でのやり取りを行ううえで非常に重要なツールであるからです。

名刺交換は社会に出るとまず初対面の方と行える絶好のコミュニケーションの機会です。取引先との交流に限らず、社会に出ると初対面の方と話す機会が大きく増え、その都度自分のことを知ってもらわなければなりません。口頭では大勢の人の中に埋もれ、ネットなどでのやり取りはそもそも相手に接触してもらうために動いてもらう必要がある中、名刺交換ならその場で直接やり取りでき、知ってもらいたい情報を確実に知ってもらうことが出来ます。

名刺は名刺そのものの造りで個性を出すことが出来たり、マナーを把握しているかどうかで第一印象を良く見せたりと、様々な形で役立てることが出来ます。相手についての情報も名刺交換を通すことで、その人が自覚していないことまで知ることが出来ることもあるので、名刺を有効活用できればその後の仕事も円滑に進めることが出来るようになります。当サイトでは名刺についての基礎的な情報を掲載しているので、名刺についての知識を深め、名刺を有効活用する方法を学びましょう。