名刺を渡す意味とは

社会人なりたて社会人になったばかりという方の中には、生まれて初めて名刺を持ったという方もいるかと思いますが、そもそも名刺を渡す意味とはいったい何なのでしょうか。なんとなく社会に出ると持つようになり、自己紹介などのために渡すという目的は分かりますが、自己紹介なら口頭でも出来ないわけではありませんし、最近だとメールなどのやり取りでも情報交換は行えます。それでも名刺がなくならないのは、仕事上でのやり取りを行ううえで非常に重要なツールであるからです。

名刺交換は社会に出るとまず初対面の方と行える絶好のコミュニケーションの機会です。取引先との交流に限らず、社会に出ると初対面の方と話す機会が大きく増え、その都度自分のことを知ってもらわなければなりません。口頭では大勢の人の中に埋もれ、ネットなどでのやり取りはそもそも相手に接触してもらうために動いてもらう必要がある中、名刺交換ならその場で直接やり取りでき、知ってもらいたい情報を確実に知ってもらうことが出来ます。

名刺は名刺そのものの造りで個性を出すことが出来たり、マナーを把握しているかどうかで第一印象を良く見せたりと、様々な形で役立てることが出来ます。相手についての情報も名刺交換を通すことで、その人が自覚していないことまで知ることが出来ることもあるので、名刺を有効活用できればその後の仕事も円滑に進めることが出来るようになります。当サイトでは名刺についての基礎的な情報を掲載しているので、名刺についての知識を深め、名刺を有効活用する方法を学びましょう。

 

名刺の果たす役割と目的

サラリーマンの必須アイテムと言ったら名刺ですね。初めて受け取った時には嬉しいような照れくさいような、そんな気持ちになった方も多いはずです。一人前の社会人になったぞ、と感じる瞬間でもあります。交換の仕方にはマナーがあります。まさか片手で渡している人はいないと思いますが、基本は両手です。会社に戻ってから、裏側に相手の特徴や趣味趣向などを記載し今後の商談などに生かせる人は、出世街道まっしぐらといったところでしょうか。逆に頂いてもうまく生かせず、次に会った時に顔と名前が一致しない、なんて事があれば折角のチャンスを逃す可能性だってあります。

最近では顔写真入りのものや、パソコン、携帯を使う事が増えた為メールアドレスや携帯の番号も印刷されている事が多いです。この名刺交換はサラリーマンのためだけではありません。最近では幼稚園のお母様方が、いわゆる「ママ友」作りの為に利用しています。わりと可愛らしいキャラクターの絵を使い、そこに自分の名前と子供の名前、携帯の番号とメールアドレスを印刷して持ち歩いています。ちょっとお友達になりたいけど、自分からアドレスを教えてとは言えない人には、さっと渡せる物があれば友達作りもとてもスムーズです。

今やサラリーマンだけでなく、ママ達の間でも必須アイテムとなりつつあります。

 

働く人の顔となる、名刺

ひとくちに名刺と言っても色々ありますが、大きく分ければ、低コストでシンプルだけれど実用性のあるものと、こだわった仕様でインパクトを重視したものの2つに分かれると思います。シンプルなものに関しては今やwebなどで簡単に注文できたり、ビジネスコンビニなどで短納期で作れたりするので、忙しい時や今すぐ欲しい時、急に渡す機会ができたときにとても都合がよく、定型サイズのものはやはり携帯しやすいという良い点があります。貰った方も管理がしやすく連絡が取りたい時取り出しやすいので、やはりシンプルなものの方が実用的であると言えるでしょう。対して、こだわった複雑なデザインのものについてですが、こちらはものによっては型にはまったシンプルなもののように、安く、簡単に、すぐ印刷、という訳にはいかないかもしれません。

例として、どのようなこだわったものがあるかと言いますと、ビーフジャーキーやパン、クッキー、ピーナッツの殻などで作った食べられるタイプのもの、グリーティングカードのような飛び出すカードタイプのもの、自分の歯型やレントゲン写真がついているもの、ゴムのようになっていて伸ばすと文字が読めるようになっているもの、などなど世の中にはびっくりするようなデザインのものがたくさんあるようです。

先ほども言ったように、このような仕様のものは手間がかかっているものが多いため、型にはまったもののように安価ですぐ印刷ができるものではありませんが、その変わり、インパクトは間違いないと言えるでしょう。印象深いのでもらった人からすぐに覚えてもらえるでしょうし、渡す方も、企業やその人自身の個性を存分にアピールする事が出来ると思います。ただ、シンプルなものも複雑なものも、“渡す相手に自分を覚えてもらう”という目的は同じです。企業の数だけ、人の数だけ存在する名刺には、どのような形のものにも実は様々な思いが込められており、働く人にとって、その人の顔の代わりになるといっても過言ではないかもしれません。