渡し方のマナー

会社で配布されるビジネス用の名刺はもちろん、個人用の名刺を渡すときも、名刺を渡すマナーをしっかりと身につけているかどうかで、相手の印象も大きく変わります。基礎的なマナーを守れていないと、仕事に対しての意識も疑われてしまうこともありえるので、名刺の渡し方のマナーはしっかり学んでおきましょう。早いうちから学んでいたという方も、いざ正しい方法を思い出そうとしても、正確に覚えていないことが多いので、この機会に再確認してみてください。

名刺を渡す際に気を付けることは、名刺の差し出す高さと名刺の状態です。相手が差し出したときは名刺の高さをより低い位置におき、相手を尊敬しているという意思を示すことが大切です。そのほかの基本的なポイントとしては、自分と相手の間に物を挟まないようにしたり、名刺を直接財布やポケットから出さないようにし、ちゃんと綺麗な状態の名刺を渡すことなど、社会人として当然のマナーは守るようにしましょう。

名刺を受け取る際も色々なマナーがあります。目上の相手が同時に名刺を出したときは、自分から先に受け取らないようにしたり、受け取った名刺をメモ代わりに使わないといったマナーは社会人としての基本マナーとして覚えておく必要がありますし、名刺を持つところは印刷が無い部分にすることも、意外と見られるポイントなのでうっかりしないよう気をつけましょう。